大切な事前確認と準備

弁護士の無料相談に臨むに際しては、限られた時間を最大限活用すべく、シミュレーションを含めた事前の準備が欠かせません。漠然と何の資料も持参せず、ただ口頭で自らの窮状をその場の感情に任せて訴える行為は、相談ではなく「愚痴零し」に他なりません。これでは弁護士側も的確な問題解決策の助言は出来ず、単なる会話だけでタイムアップとなってしまって当然です。潜在的にこうした展開は実際に見られる悪しき事例であり、基本1人1回限りの無料サービスのメリットを無駄にしてしまう行為ですので、十分な注意が必要です。

具体的に準備すべき関連書類としては、正確な借入状況や延滞状況が確認出来る、請求書や督促状など債権者から送付された書類、その他自身の負債総額や返済能力を伝える上で有効な書類があれば、合わせて持参しましょう。更に自身の現状を簡潔に口頭で伝えるべく、話したい内容をしっかり頭の中で組み立てておけば、より多くの時間を内容の濃い質疑応答に充当出来ます。また基本中の基本として、絶対に見栄や虚栄心から嘘の金額や数値を伝えない姿勢を徹底してください。弁護士にとっては相談者から提供されるデータが全てであり、誤情報に基づく借金問題解決策の模索は、結果誤った債務整理法の選択に繋がってしまい、時に取り返しがつかぬ事態を招き兼ねません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket